私が転職することを考えたきっかけについて

40代からの転職活動の現実は厳しいものです。年齢のリスクを覆すような実力・実績が必要だと思います。

PAGE
私が転職することを考えたきっかけについて

40代からの転職について

転職というと、どのようなイメージを持つでしょうか?人それぞれ考えることは違うと思いますが、私はポジティブな、前向きなイメージを持ちます。転職が成功するかどうかは、本人の資質ももちろん重要ですが、外部の環境、時勢、運も重要なファクターだと思います。私は40代で転職活動を行いました。結果は転職せず、そのまま在職のままです。それは転職活動を行った私の本意ではありませんが、40代となって家族があり、そこそこの責任を負っていると、やはりむやみに転職をすることができませんでした。

私は、社内で専門職の部類にはいる業務を行っています。国家資格も苦労の末取得することができ、コストダウンや改善提案等で、それなりに会社に貢献していると思います。しかし会社の業績が悪化した為、将来を見据えて転職活動を行いました。最初は資格や経歴もあり、景気も上向きでしたので以外に早く転職先がみつかるかと思いましたが、現実は甘いものではありませんでした。いろんな要因がありますが、年齢の壁は大きいと実感しました。(それだけではもちろんありませんが)年齢だけは自分の努力では何ともいたしかたありません。逆にいうと、その年齢のリスクさえ覆すような実績、実力がないと40代の転職は難しいと感じました。