私が転職することを考えたきっかけについて

40代の転職はキャリアがあっても現実的に厳しいです。しかしその経験があるからこそ、次の行動への備えができます。

PAGE
私が転職することを考えたきっかけについて

40代からの転職に関して

私は40代ですが、少し前に転職活動を行いました。結果はあえなく敗退?本意ではありませんが、現職のまま次のチャンスをうかがっています。40代ともなると、家庭やローン等、社会的にも責任が付きまといます。転職活動の末やっと、面接にいけそうな企業がありましたが、現職の条件と比べて転職のリスクが高いと判断して、今に至ります。私は現職の会社の中でも専門職の部類に入ります。そこそこの実績と改善提案により会社に貢献しています。また、苦労の末、国家資格も取得しました。

そんな自負もあり、意外に早く転職先も見つかるかな、とも考えていましたが、やはり現実は甘くはありませんでした。しかしこれはこれで良い経験になったのではと思います。会社業績の悪化により、転職活動を行いましたが、ぶちぶち現状に不満を言うだけではなく、兎に角行動にうつしました。専門のキャリアアドバイザーの話も聞けましたし、世の中の現実も実感することができました。この経験はなかなか積めるものではありません。転職活動を中止した当時は無念でしたが、今はこのような考え方もできますし、本当に会社に万が一のことがおこった場合、今お付き合いのあるどう企業に話を持っていこうかと、眈々と考えています。最終的には自分と、家族が幸せにならなければいけないですから。