私が転職することを考えたきっかけについて

40代の転職活動の現実は厳しいです。自分なりの自負があったとしても、社会の現実の壁を認識させられます。

PAGE
私が転職することを考えたきっかけについて

40代の転職活動の現実について

40代で転職を成功できる方は、本当に実力・実績がある方だと思います。以前よりは景気が上向いてきて転職市場に活気があるとしても、なかなか40代以上で転職をするのは現実的には厳しいと思います。そういう私は40代のサラリーマンです。つい数か月前まで、私も転職活動を行っていました。動機は会社の業績悪化の為です。私は社内で専門的な業務についていました。またそのために自己啓発として、苦労して国家資格も取得しました。しかしそんな折り、会社の業績悪化により、専門業務は激減し、まわりの仲間も人員整理されていきました。このままでは自分の居場所もどうなるか分かりません。

家族もいますので、責任があります。私の場合、ある意味止むにやまれず転職活動を行ったくちです。当初は自分の中にも自負がありました。専門分野での資格もありましたし、社内でも目に見えるコストダウン、改善を行い会社に貢献していたからです。確かに年齢の壁はあったとしても、それを乗り越えられるキャリアがあると、勝手に思い上がっていました。転職企業のキャリアアドバイザーとも話をして、彼を通じて何社か応募したのですが、あえなく敗退しました。彼曰く、恐らく年齢の壁が大きいと。その後も同じ状況が続き、転職活動を中断しました。今となっては良い経験です。